引越しの相場と準備

引越しの相場

引越しの相場、気になりますよね。

出来れば安くしたい!でもあまり粗悪な業者さんには頼みたくない!という人は多いでしょう。
大体の値段がどのくらいか?が分かれば目安になりますよね。

・家族構成
・間取り
・引越しの距離

この辺りでおおよその値段というのが決まってきます。

しかしながら、実際のところは各社で大きく値段が違うんですよね。

例えば、一人暮らしの引越しがやたら安いのはどこか?となると
長距離だと電車のコンテナで運んでくれる大手の引越し業者さんが圧倒的にやすいです。

でもその業者さんに近距離の引越しを頼むと最安値か?と言われれば違うんですよね。
たぶん、地域密着の引越し業者さんの方が安いと思います。

ですから一口に一人暮らしの引越しといえども値段が違ってくる。
これだから引越しは難しいんですよね。

相場を提示するサイトなどもありますが、実際のところは5万〜50万とものすごい開きがあるので、
ハッキリ言ってあてにならないのがホントのところ。

やはり見積もりを頼むのが最も良い選択といえるでしょう。

もちろん見積もりは値段がかかりませんので、
何者かから見積もりをとるのが最も最適です。

一番わずらわしくなく安く引越しを出来る方法は
見積もりに来る引越し業者さんをすべて同じ時間に呼ぶこと。

こちらも手間が省けるし、
その場で業者間競争が起こり高値が出る。

そして、契約が決まったこともわかっているので、
後からしつこい営業が来ることもないというメリットが多数あります。

引越し業者さんたちは実はこの手の相見積もりには慣れています。

何となく頼む方としては気が引ける、、なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、
もっとも面倒ではなく、お得な引越しが出来る方法なのでためらわずに同じ時間に呼びましょう。

引っ越しの前準備

引っ越しすることになると、やることがたくさんあります。

前もって計画を立て、一つずつ着実に進めておかないと、当日になって大慌て、ということになりかねません。

そうした事態を避けるためにも、引っ越しのスケジュールを立て、
「この日までにこれは済ませておく」というようにはっきりと決めておきましょう。

また、引っ越しの予定はあるものの、具体的に新居や引っ越し日が決まっていないという場合でも、前準備としてやっておきたいことは色々とあります。不用品の処分やすぐには使わないものから荷造りするなど、少しずつ準備しておいても損はありません。また、賃貸住宅の場合は退去前に大家さんに告知する必要がありますし、敷金から引かれる修繕費を少なくしたいと考えているなら、障子の張替えなど自分で修繕可能なところをやっておくと良いでしょう。それから、室内だけでなく室外の清掃も行っておくと、ハウスクリーニングの費用を抑えられるため、敷金の戻りが多くなります。

引っ越し業者を利用する場合も、早期予約なら料金の割引が期待できます。業者に頼らず、友人や家族に協力してもらう場合でも、あらかじめ話を通しておく必要がありますし、トラックをレンタルするなど準備しておくことが大切です。
ギリギリになって慌てて引っ越しの準備をした場合、荷物を分類して梱包する時間が取れなかったり、引っ越し業者を待たせてしまうなどといったトラブルも少なくありません。少しでも早く新居で快適な新生活を始めたいのであれば、引っ越しの準備は計画的に進めておくことが大切なのです。

 

サイトマップ

設けているミセスワタナベ